40代 肌トラブル

40代の肌トラブル代表格といえば、頬や口元、目元のたるみや小じわですよね。

 

それ以外にも小鼻や頬のくすみやシミもやっぱりなんとかしたいもの。

 

ちょっと寝不足が続いたり、生理前だったりすると肌が荒れてきたり乾燥してきたり、赤くなったりと、若い頃に比べると肌トラブルが増えてきた印象もあります。

 

お風呂上がりの肌のハリも20代の頃と比べるとずいぶん違って、あれこれと化粧水から乳液から塗りたくってみたりしているんですけど、これって年齢肌にはあんまり良くないんですね。

 

それよりも肌内部の水分量をぐっと上げてあげる(ヒアルロン酸やコラーゲンがそれですね)ことが一つ。

 

そしてもう一つはダメージを受けやすくなっている荒れた肌環境をきっちり保護して、回復を助けてあげる肌環境ケアが大事なようです。

 

この分野は最近注目のセラミドの出番ですね。

 

肌の表面をバリア機能で保護して、肌内部に浸透。

 

肌の水分量を内側からケアします。

 

それに加えて、グリチルリチン酸ジカリウムと言われる成分が肌の炎症を抑える機能があり、セラミドとのダブル効果で肌トラブルをケアし、健康な肌へと戻していきます。

 

これだけの機能があるのにとっても低価格でお手軽コスメなメディプラスゲル、今なら返金キャンペーンもやっているそうです。

敏感肌の方にはライースリペアが良いですよ♪

 

敏感肌故、化粧品ジプシー状態です

 

2年くらい前から急にフェイスラインにニキビができはじめて、超オイリー肌だったのに突然、超乾燥の敏感肌にかわりました。

 

化粧品を変えたことも原因かと思い、半年後にもともと使っていた化粧品メーカーのものに戻したのですが、結局改善されなかったので、少しランクを落とした化粧品のニキビ用をドラッグストアで購入し、使用していました。

 

あまりに何の効果もなく、皮膚科にいけば一発でなおると聞いたのですぐに皮膚科にいきました。

 

飲み薬と塗り薬をもらって2週間でもののみごとにニキビはなくなりました。

 

飲み薬を飲まなくなった次の日に、1つニキビを発見、次の日には5個くらいできていて、すぐにもとのニキビ面にもどりました。

 

これは、きりがないし、薬を一生のみ続けるなんてできないと考え、病院はいかずに、今は食事を見直して、栄養パランスを考えながら過ごしているところです。

 

今のところ少し改善されているようです。

 

化粧品は結局もとの少し高めのをまた使いはじめました。

 

とにかく、インターネットでニキビや肌にいいことを調べまくり、片っ端から実行しているところです。

 

寝る時間は1時を越えないようにしていますし、枕カバーは毎日取り替える、寝る前にシャワーに入る。

 

イソフラボンを取る、豚肉、柿、レバー、葱など、もともと敏感肌なので、肌に抵抗力をつけるための食品を積極的に取り入れています。

 

口の周りにニキビができるのは男性ホルモンの影響らしいのて、イソフラボンが摂取できる食品、アーモンド、レバー、納豆、体の代謝が悪いとお肌のターンオーバーもうまくいかないので、細菌は十六雑穀をお米と一緒に炊いて食べています。

 

あとは寝る前に腹筋と背筋と腕立て伏せ、体も温まるのでいいです。

 

インターネットの口コミでライスパワー化粧品をよく見かけるのでそっちも気になっています。

 

ライスパワーはお米が原材料の化粧品なのですが、肌が弱い人でも使えてうるおい力が高いみたいです。

 

ライースリペアという商品がライスパワー化粧品を作った会社で販売しているようなのでお試しを取寄せてみたいですね。

 

 

★参考リンク★
ライースリペアはやっぱり安心です!−ライスパワー化粧品を徹底紹介☆